バッキング(伴奏)の組み合わせ

バッキングとは伴奏のこと。ドラムやベースのリズム隊、ギターなどバンドアレンジのバッキング(伴奏)は音域が重なることがあり、どのような組み合わせをするのか意識しなくてはなりません。

ピアノとギターの共通点・類似点

・コード(和音)が弾ける。
・減衰音である。
・弦を叩くことで音を出す。

バッキング:ベタパターン

2種類のコードバッキングが重なる場合でもうまくいく方法がベタなバッキングパターンです(画像準備中)。基本のコードの連打の形です。全くクセのない一方で充実感や面白みが抑えられてしまいます。ペンキを背景にベタっと塗りつぶした感じで背景色に徹した使い方です。あまりにも単純なのでアレンジの仕事をした、とはいえないかもしれません。

ジャカジャカずっと鳴っている場合がこのパターンです。ギターのコードストロークは独特の動きを持ちますがその同じ形のストロークが連続して弦の振動がずっと続いている場合はベタパターンとしてカウントします。ベタでないのは休符を入れたりしてリズムが口ずさめる、リズムが聴き取れる、リズムを聴かせる事が出来る場合です。リズムがあるピアノでもペダルなどで音を連続させるとベタパターンとなります。

コードバッキングの組み合わせ

同音域で複数のコードバッキングを組み合わせる場合は最も下の音域を担当するリズム隊(ベース&ドラム)のアクセントに注意しつつ、シンコペーションなどが矛盾の無いように構成します。リズム同士が拮抗してしまうとガチャガチャとうるさく、まとまりがないゴチャゴチャしたものになりがちです。

ベタなバッキングにリズムがついたパターンは、成功すると名曲と言われるぐらいカッコよくてハマります。ベタなバッキング+リズムは曲の充実感に繋がる根幹の要素で、音楽の天才はスカスカのタイトなリズムと曲でビシッと決めています。シンプル故に難しいと言えます。

バッキングの組み合わせでは両者が同じぐらいの密度を持つよりも、一方が混み合っていれば一方がスカスカであるというような特徴を異なるようにしたほうが良いとされます。

ピアノのように音域が広い楽器は高いオクターブの方に音域をずらすのも双方のバッキングを活かすアイデアの一つです。

アルペジオについて

コードを分散させて演奏する形をアルペジオといいます。アルペジオとはハープのように、という意味です。ギターのコードバッキングなどの合間に少しアルペジオが挟まる感じに整えると使う音が限定されて作りやすくなります。

ギターのアルペジオは高音弦(1弦側)寄りの何本かに限定されます。

その他

ギターの6,5弦はベタっぽくなります。

パワーコードとは1度と5度の音の同時演奏でコード伴奏をすること。3rdが抜かれています。マイナーともメジャーとも解釈できるので便利です。