ベース応用 ペンタトニックスケールについて 躍動感のあるベースの動き

ベースはルートと5thだけで出来た基本パターンで演奏することを重視します。基本を刻む動きにときどき次のコードへのアプローチフレーズを絡ませればより充分にベースの役割を果たせると言えるでしょう。ただ、現実にはベースはもっと動いている事も多く、今回はそれらのよく動くベースについて見ていきます。

ベースの役割とは

ベースの役割は曲の土台部分として上部のコードや構造を支える事にあります。最も上のメロディとは異なり、ベースにはベースなりの動きに関しての決まり事みたいなものがあります。土台のベースは基本パターンを刻み、上部の構造はアクロバティックな動きをするのが一般的です。

コードの基本パターンに忠実を是とするベースでは、メロディで許されていたテンションや半音関係、跳躍を多用する動きは避けるべきであると考えます。
これは突き詰めれば半音関係の音を排除することにも繋がります。M7とルートの半音すら避け、もちろんナインスやイレブンスなどのテンションも同様で、基本の三和音構成のルート,3rd,5thと半音関係にある音は排除することで、堅実な響きがもたらされます。

このコードの基本に堅実な動きをベースに求めるとペンタトニックスケールと呼ばれる音階に沿ってフレーズをつくることがあります。次に紹介するペンタトニックスケールを使えば自動的に半音の繋がりを排除した形になります。

ペンタトニックスケールとは

ペンタトニックスケールとは5音で構成される原始的な音階で、世界の至る所で見られる音階です。民族音楽などを作るときにはお世話になることでしょう。
メジャーペンタトニックスケールは以下の法則をもちます。
I,II,III,V,VI
これはメジャースケールの音階からIVとVIIを抜いたヨナ抜き音階で、このスケールに沿って弾くだけでどこかエスニックな感じがでます。

ペンタトニックスケールは演歌や中国音楽、スコットランド民謡などの基本音階です。4と7がそれぞれ消えることで半音続きがなくなります。

これは見方を変えればマイナースケールから2,6の音を抜いたマイナー系のスケールと見なすことが出来ます。マイナースケールを基準に作り出したペンタトニックをマイナーペンタトニックスケールといいます。

主役が違うだけで役者は同じの平行調の関係です。ペンタトニックスケールと解釈するとは、例えばCにおいてAの音は6ですが、Cのコードの上にAが使われてもC6とは解釈しないということです。

Aメロだけこのスケールをつかうなど、局所に限定して使うのが効果的です。

ペンタトニックスケールをコードスケールで考える

実際にベースラインを作るとき、調性のための基本スケールとしてペンタトニックスケールを使うと、IVやVIIの音は使えない事になります。そのため、これらの音を使う時は半音繋がりとなるペンタトニックスケールの音を外すことで使います。

例えば、IVを使いたいときIIIは外します(下属和音IV)。
VIIを使う時、Iを無くします(属和音V)。

結果的にはIVやVを出発点としたペンタトニックスケールを使っているということになるので、コードスケールとしてペンタトニックスケールを使っていることになります。(*コードスケールとは一つのコードごとにどのスケールを使うのかを当てはめること)

それぞれメジャースケールにはメジャーペンタトニックスケール、マイナーコードに対してはマイナーペンタトニックスケールを当てはめます。それぞれ平行調の主和音として、メジャーペンタトニックを並び変えただけのマイナーペンタトニックスケールを当てはめる事が出来ます。

・IImに対する場合はIIを出発点としたマイナーペンタトニックスケール=中身はIVを出発点としたマイナーペンタトニックスケールと同じ
・IIImに対する場合はIIIを出発点としたマイナーペンタトニックスケール=中身はVを出発点としたペンタトニックスケールと同じ
・VImに対する場合はVIを出発点としたマイナーペンタトニック=中身はIを出発点としたペンタトニックスケールと同じ

唯一VIIm(♭5)はペンタトニックスケールが当てはまらない形をしているため、ペンタトニックスケールの持つ堅実で地味なフレーズを作ることが出来ないコードとなります。素朴さを出したいときにVIIm(♭5)は使う事が出来ないコードということです。

具体的にどう使うか

ベースラインはノンコードトーンは順次進行によってコードトーンへ解決する動きが基本原則です。メロディのように華々しく軽やかなフレーズは出せませんが、ベースにはベース特有のフレーズが生まれます。ダイアトニックスケールで見ると跳躍に見える進行でも、ペンタトニックで考えると順次進行となりますから、ペンタトニックの持つ独特の進行感が強く出ます。

そのため、ベースの跳躍進行はペンタトニックスケールによる順次進行として解釈するのが基本となります。

バンドアレンジによるベースラインのフレーズ感はこのペンタトニックスケールによって作り出されていると言えます。
以下の半音を嫌う響きと半音を活かした響きを曲中で使い分けましょう。

■半音を嫌う
→ロック、バンドサウンド的な響き、硬派、泥臭さ

■半音を活かす
ポップス、クラシック的、華麗、柔派
調性内の半音進行を積極的に使うダイアトニック的な色合いのフレーズ=ノンコードトーンは順次進行によってコードトーンへ解決する

原始的な音楽とは

素朴で原始的、複雑になる前の音楽ほど民族や人類に共通する要素をもつ根本的な響きを持ちます。人によっては子供っぽく、聴く人に分かりやすく親切すぎてダサい響きに捉えられます。ペンタトニック的な音階を用いれば跳躍進行をベースで使う事が出来るので、飛ぶことによる格好良さを出すことが出来ます。

クラシックとロック(ポップス)

クラシックはバスの動きにもメロディアスで動く要素を求めます。こうなるとコントラバスやチェロを演奏したいという人も増えてくるものです。一方でロック(ポップス、バンドアレンジ)はベースの動きが制限され、ベースには目立たないことを要求します。